トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  脳科学  >  MRIで人の考えてることを読み解く.

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事検索:

このページのトップに戻る

MRIで人の考えてることを読み解く.

2010年04月12日

CENT Japanにこんな記事が出ていた.


<CNET Japan>インテル、人の思考を読み取るソフトウェアを披露--最先端技術の研究で


いつの技術の話だよってまずはツッコミを.これぐらいは前からできていたのでは?例えば日本で割と有名な脳科学の研究所ATR(所長を川人さんという脳科学の計算脳科学の分野では第一人者がつとめている.)でMRIを使って,猿の脳の一次視覚野デコードして何を見ているのかがわかるって論文が2005年ぐらいにあった気がするのだけども.(たまたまゼミかなんかで誰かが発表いていた.)


ATRのは,一次視覚野を何分割かにわけ,そこの活動からニューラルネットワークを作り,猿の個体に合わせて,そのネットワークを学習させ,そこから猿が何を見ているのかを識別するみたいな話だった.


まぁこのインテルの話も,実はもっとすごくて,みたいな話なのかもしれないけども.それはこの記事からはよくわからないので論文なりを読んでみないとわからない.脳部位が違うだろうし,人間を使ってるってところがすごいのだろうか.

でも興味深いのはインテルがやってるということ.インテルってこんなこともやってるのね.まさか脳に手を出してるとは思わなかった.


あと気になるのはMRIがもっと小さくなるだろうってこと.今は本当にでかいからなー.ほんとキャップみたいにかぶれて,MRI使えるのならば,脳科学も進むだろうなー.いや,まぁ脳科学っていうよりかは脳技術が進むのだけども.


なにはともわれ,こういう脳科学的な技術にIT系の会社が頑張って研究しているってのは面白いことです.

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事検索: ITニュース

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。